顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

顔脱毛の効果でシミやほくろは消える?肝斑は?


シミ

顔脱毛を受けると、シミが消えたという例があります。

実はクリニックで使われる医療レーザーは、もともとあざやほくろをなくす治療のために使われてきました。また、サロンで使われる脱毛フラッシュも※フォトフェイシャルと同じしくみで、肌を綺麗にするために使われています。

※フォトフェイシャル…光をあてて肌のしみやそばかす、くすみをとる治療


そんな医療レーザーやフラッシュを、毛以外のシミや肝斑にあてるとどうなるのか、お伝えします。


顔脱毛の効果でシミも消える?

シミ

レーザーは黒いメラニン色素に反応するので、毛と同じくシミにも反応します。

よってシミが消えるという効果も期待できます。

このような現象が起こるのは、レーザーをあてることで肌が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が促進されて、シミの原因であるメラニン色素がアカとなり肌の外へ出ていくからです。

通常はこのようにしてシミが消えるのですが、その一方で顔脱毛をしてシミができてしまったという人もまれにいます。

もともと誰でも、シミの元である「メラニン色素」を肌に持っていますが、脱毛後きちんとケアしなかったりして照射の刺激だけ受けてしまうと、肌が弱りシミができやすい状態になってしまいます。肌への刺激によりターンオーバーがうまくいかなくなり、シミの元が肌に残ってしまうのです。


そうならないためには、保湿をはじめとするスキンケアをしっかりして、肌のターンオーバーを整えてあげましょう。

また、基本的なことですが栄養の整った食生活や適切な睡眠時間も意識すると肌もきちんと整います。

もし万が一シミができてしまっても、ターンオーバーが整えばそのうち消えていくので、心配しすぎる必要はありません。


ただし、シミと一言で言っても、そばかすや加齢によって発生する肝斑、またニキビ跡など肌トラブルによる色素沈着などその状態は様々です。反応の仕方もシミの状態に異なるということは頭においておきましょう。


顔脱毛の効果でほくろも消える?

シミ

またほくろも、シミと同様黒い色素なので、脱毛の照射に反応します。

ほくろがある場合、その色素の濃さからヤケドしてしまうのでは、と心配される方もいますが、脱毛であてる照射パワーではそうはならないので安心してください。小さいほくろであれば消えてしまうこともあります。

ほくろがある場合の対応としては、ほくろの箇所にあたらないようにシールを貼って照射しないようにされたり、特になにもせずにそのまま照射したり、サロンやクリニックによって様々です。

脱毛前に肌の状態を確認してもらうので、気になる人は聞いておきましょう。



顔脱毛の効果で肝斑も消える?

では、肝斑の場合はどうでしょうか。

脱毛の照射を肝斑にあてると、さらに色が濃くなってしまうこともあるので、消えるといった効果も期待できません。

脱毛のレーザーはシミを消す機材と同じしくみなのでシミにはあてても良いのですが、肝斑は専門の治療が必要なためあててはいけないのです。

というのも、シミの原因はメラニンなので毛と同じ(外的要因)であるのに対し、肝斑の原因は女性ホルモン(内的要因)なのでシミとは違うからです。

肝斑とシミは見た目がよく似ているため、肝斑があって顔脱毛したい場合はシミと肝斑をしっかり判断してくれるクリニックで相談するのが望ましいです。


顔脱毛おすすめランキングへ
この記事を読んだ人にはこんな記事もオススメ

ニキビあっても脱毛できる?ニキビ肌から美肌への道

医療レーザー脱毛で顔脱毛する前に