顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

顔脱毛の種類を知ってお気に入りの施術を受けよう


脱毛には、いくつか種類があります。それは「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」「ワックス脱毛」「光脱毛」です。

顔脱毛を始める前に、どの種類が自分の理想に近いのか予め調べておくことをオススメします。それぞれの特徴を知ることで、自分だったらどの施術法で脱毛したいか、 見極めることができるはずです。

・レーザー脱毛

医療用レーザーで脱毛施術が行なわれるレーザー脱毛。

人気がある理由は、専門の医師が脱毛をしてくれるという安心感です。

特定の波長をあてて、脱毛施術が行なわれていきます。 毛根の周りには「毛母細胞」がありますが、 この毛母細胞を破壊することで、ムダ毛が生えてくるのを防御するのです。 レーザー脱毛なら時間をかけずに効果的(半永久的)な脱毛をすることができると評判になっています。

また、最近の医療レーザーは、美容整形などに使われるレーザーを使うことがあります。

デメリットをあげるとすれば、レーザーの強さです。

レーザーはメラニンの量に合わせて調節されていくのですが、 適切な調節が出来ていないと脱毛の効果を得られなかったり、 それとは逆にレーザーが強すぎて火傷をしてしまう可能性もでてきます。

しかし、これは過去の話で今は冷却するための装置が改良され、 性能が上がったものが使われているので、 火傷のトラブルを恐れる必要はありません。

・ニードル脱毛

細い針を毛穴に刺して電流を流し、毛穴の中にある発毛組織を固まらせる施術法です。そのため、一針一針刺すごとにかなりの激痛を感じます。

医療機関でニードル脱毛を行なう場合は麻酔が使えますが、 通常の脱毛サロンでは医師がいないため麻酔を打つことができません。 ほとんどの方は痛みに耐えられず途中でニードル脱毛を断念するほどです。

こちらも時代の流れと共に痛みを伴わない施術が可能になってきましたが、時間がかかってもいいから痛みの少ない施術法を望む方のほうが圧倒的に多い傾向にあるため、メジャーな方法ではありません。

ニードル脱毛のメリットは、毛の色の濃さに関係なく1本ずつ施術できるので、すべてのムダ毛に対応できるということです。

・ワックス脱毛

ワックス脱毛の効果は2週間から長くて1ヶ月もつことがあります。

脱毛の方法は、脱毛専用のワックスを脱毛したい部位に塗って、 シートを剥がすことでムダ毛を一気に抜くことができます。

想像するとお分かりかと思いますが、痛みが伴います。 これはムダ毛が太ければ太いほど強い痛みを感じます。

ワックス脱毛は自宅でもできることから、 ワックス脱毛で自己処理している方もいらっしゃいます。

ただ、顔脱毛の場合は痛みを感じやすいとして、ワックス脱毛はあまり使われていません。

・光脱毛

光を照射して毛根の幹細胞に効果をもたらす施術です。この光は毛根のメラニンに反応するものです。

光をあてる前に、専用のジェルを脱毛する部位に塗っていくのですが、 これは光をあてたときの肌ダメージを軽減させるため、 そして美容成分が含まれているので施術後の肌をきれいにする効果を得られます。

照射範囲が広いことから、施術時間が短くていいというメリットがあります。

肌ダメージがほとんどないということは、 それだけ光の威力が弱いということなので、 脱毛施術に何度か通う必要がでてくるのですが、痛みが伴う施術を好まない方には人気の施術法となっています。

色んな波長が光の中に含まれているので、どんな毛根の幹細胞にも反応するというのも大きなメリットです。

施術の流れは、専用のジェルを塗った部分に照射が行なわれ、その後その部分を冷します。冷すこと、潤いを与えることで施術後の肌トラブルを更に回避することができます。

暫くすると光をあてた部分から毛が生えてきますが、 これは自然に抜け落ちるので何もしなくても大丈夫です。何度か通っていくうちにスルスルと抜ける感覚が気にならなくなってきます。

顔脱毛の場合、特に鼻下に高い効果を得られます。

顔脱毛おすすめランキングへ
この記事を読んだ人にはこちらも記事のおすすめ

顔脱毛にはどんなメリットがある?

敏感肌でも脱毛できる?トラブルを起こさないための重要ポイント

顔脱毛が及ぼす毛穴への影響は?知らなかった毛穴が開く本当の原因