顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

ニキビあっても脱毛できる?ニキビ肌から美肌への道


ニキビ肌

ニキビができている状態で顔を脱毛したい場合、 脱毛できるかはニキビの状態にもよります。

できたばかりの小さな白ニキビの状態なら照射を受けることができますが、 赤く炎症を起こしていたり(赤ニキビ)、膿んでいる(黄ニキビ)場合、肌荒れがひどくなるということも考えられるので、そこに照射することはできません。

そんなひどいにきびがある場合、選択肢は以下の3つ。

脱毛サロンでの脱毛を検討しているのであれば、「ディオーネ」で

ディオーネはニキビやアトピー肌でも受けられる、敏感肌専門の脱毛サロンです。

その他のサロンでは、炎症を起こしているニキビがある場合断られてしまうことが多いです。脱毛すると決めたからにはいますぐ脱毛してしまいたい!という人は、ここで受けることができます。

>>ニキビでも脱毛可能サロン!「ディオーネ」

ニキビの箇所をあきらめて脱毛する

サロンではニキビ肌は断られてしまいがちですが、クリニックではニキビの箇所には光があたらないように避けて照射されるか、ニキビの箇所にシールを貼って照射されます。

ただし、その照射しなかった箇所についてはあきらめるしかありません。 気になる場合はニキビが治ってからもう一度通い直すことになります。

ニキビ箇所は脱毛できないとはいえ、顔脱毛後のケアを考えると、万が一の時もすぐに医師に診てもらえる医療クリニックは安心できます。施術前にもしっかり肌の状態から判断して、炎症を起こしてしまっている個所を外し、うまく脱毛してくれます。

>>ニキビがあっても安心!医療クリニック

ニキビが治ってから脱毛を始める

それでもやっぱり無難な状態まで受けたい、という人は、ニキビが治るまで待ちましょう。一刻も早く顔の産毛を無くしたい人にとって辛抱強い我慢が必要になりますが、トラブルの心配はありません。

 

顔の産毛を脱毛するとニキビができにくくなる?

顔の産毛を脱毛さえしてしまえば、今悩んでいるニキビができにくい肌になる。 実はそんな事実があるのです。

その理由は、にきびができるしくみにあります。 まずは、にきびの原因ともなるアクネ菌の性質について。

アクネ菌とは?

正式名称はプロピオニバクテリウム・アクネス。この菌は、ニキビ肌、そうではない人の肌に関係なく誰の皮膚にでも存在しています。 アクネ菌自体は、肌の状態を守ってくれるもので、一概に悪い菌ではありません。

ただ、アクネ菌は皮脂が好きで酸素が嫌い。 酸素が届かない毛の組織の中によく住んでおり、この毛の周辺(毛穴)で皮脂を分解して脂肪酸を発生させます。 この脂肪酸がたまることで、ニキビができてしまうのです。

このように、アクネ菌自体は悪い菌ではないのですが、「皮脂が好きで毛穴に住み着いてしまう」という性質がやっかいなのです。

顔には無数の産毛が生えているので、その毛穴に皮脂や汚れがつまることで、ニキビ発生の大きな原因となります。

ところが脱毛して産毛が無くなることで、

毛穴が締まり、皮脂はたまりにくくなる

アクネ菌が毛穴に住みにくくなり、脂肪酸を発生しなくなる

毛穴に汚れがたまることがなくなるので肌を清潔に保つことができ、ニキビもできにくくなる

顔の産毛を脱毛するとこのような状態になって、ニキビができにくくなるのです。

 

赤ニキビ・黄ニキビを鎮める方法は?

今、痛くて大きいニキビがあるのであれば、一刻も早く治したいところですね。 できたばかりの白ニキビはつぶして中の芯を出す、という対処法がありますが、 赤ニキビや黄ニキビはつぶせないという難物なニキビです。 そんな赤ニキビや黄ニキビを鎮めるためには、以下の2点が効果的です。

清潔な洗顔&ビタミンC美容液

洗顔の際は、まずは手を清潔に。そして、洗顔料をたっぷりと泡立たせて、手と肌が触れないくらいやさしく洗います。 すすいだ後拭き取る際も、清潔なタオルで水分をおさえましょう。

「清潔」というのが一手間かもしれませんが、ここがポイントなのです。

雑菌はそこら中にひそみます。これ以上ひどくならないためにも、雑菌を絶対に顔に近づけさせないようにしましょう。

またビタミンCには、抗酸化作用という炎症を鎮める作用があり、ニキビにとても効果的です。さらにはコラーゲンの生成を促進させることから健康な皮膚をつくり、炎症の跡を残さないという作用もあります。

保湿の際にはこのビタミンCが含まれたビタミンC美容液やビタミンC誘導体を取り入れると早い回復が見込めます。

食事&睡眠

ニキビの原因である皮脂の過剰分泌を防ぐには、ホルモンバランスを良好に保つことがとても大切です。

そのためには、健康的な生活の基本ではありますが、食べるものについてはバランスのとれた食事、甘いモノや脂質の多いものを避けること、睡眠については22時~夜中2時を含めた時間帯に眠ることを心がけましょう。

どちらも実は簡単にできることではないという人もいるかもしれませんが、せめて赤ニキビが鎮まるまで意識してみましょう。シンプルなようで、赤ニキビを大きく改善することになります。

また、この意識があってこそ、美肌は作られるのです。

 

まとめ

顔にニキビがある場合、脱毛できるかはニキビの状態にもよります。ニキビ対応の脱毛サロン「ディオーネ」や、肌の状態からきちんと判断してくれるクリニックに相談しながら脱毛しましょう。

また、安心できるところで脱毛する場合であっても、できるだけ肌の調子が良い状態で挑むことが望ましいです。ニキビができている場合はできるだけ早く治すように心がけ、同時に美肌への回復を目指しましょう。

 

顔脱毛おすすめランキングへ

 

この記事を読んだ人にはこんな記事もオススメ

敏感肌でも脱毛できる?トラブルを起こさないための重要ポイント

顔脱毛が及ぼす毛穴への影響は?知らなかった毛穴が開く本当の原因

顔脱毛体験者に聞く、顔脱毛レビュー!コレって実際どうだった?