顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

矯正中に顔脱毛できる?歯にまつわる不安を解決!


矯正中の場合

歯を矯正中は顔脱毛施術を受けることはできるのでしょうか。装着している器具が照射に反応してしまいそうで、不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

ですが、基本的には矯正中でも施術してくれるところが多いです。

「矯正中だから」、と顔脱毛を諦める必要はないんです。

 

判断はサロン・クリニックによりけり

ただ、サロンやクリニックによっては、断られてしまう場合もあります。

その判断は、矯正器具の素材にもよっても変わります。

矯正器具にはメタル(金属)、プラスチック、セラミックがよく使用されますが、 装着しているのがセラミック製、プラスチック製であれば、できるところが多いです。

その場合、照射の際に脱毛機材を顔に当てることで矯正器具と皮膚がぶつかり、口の中を傷つけてしまう恐れはあるので、対策として口の中に綿を入れて施術を行うこともあります。

メタル(金属)製であれば、サロンだと断られてしまうことがあります。というのも、照射の熱を受けることにより 矯正器具の金属が反応してしまう恐れがあるからです。

実は肌に脱毛レーザーをあてても、その効果が伝わるのは肌の表面までなので、口の中の矯正器具にまで熱を通すとは考えにくいのですが、「歯が痛い」「歯に刺激を感じる」という人もいるので、念のための対応です。

また、矯正器具を設置している場所にもよっても判断が変わります。

矯正器具は歯の表側に装着している場合と、裏側に装着している場合とがありますが、裏側であれば問題ありません。表側の場合は断られてしまうこともありますが、コットンを入れることで対応してくれるところもあります。

顔脱毛のカウンセリングでは矯正をしているか尋ねられるはずです。もしそうでなければ、自分から申し出て脱毛できるか確認しておきましょう。

銀歯は大丈夫?

銀歯の場合も、口の中に綿を入れ、その部分を覆うようにして施術してくれます。

インプラントは大丈夫?

インプラントとは、歯を抜いた後、金属でできた歯の根っこを骨に埋め込んだ状態です。インプラントも金属を使用しているため、照射の際熱が伝わってしまう恐れがあるので断られてしまうことがあります。

虫歯や詰め物は大丈夫?

虫歯や詰め物がある状態で照射を受けると虫歯部分に痛みを感じることがあります。

この痛みは、虫歯が痛むというより、レーザーの刺激が痛みに感じるという現象ですので、虫歯そのものに影響があるわけではありません。レーザーは歯の神経にまでは届かないのです。

虫歯

 

まとめ

矯正をしている状態で顔脱毛を受けられるかはサロンやクリニックの判断によりますが、実際のところ脱毛レーザーをあてることで異常が起こるということは考えにくいです。

サロンやクリニックにはあらかじめ矯正中である旨を申告して、脱毛可能であるか確認しておきましょう。その際、使用している矯正器具がどんな素材でできているかも伝えておくとより正確な判断になります。

顔脱毛おすすめランキングへ
この記事を読んだ人にはこちらの記事もおすすめ

事前にこれだけはおさえておきたい!顔脱毛の注意点

顔脱毛を受ける前後は化粧できる?それともすっぴんの方が良い?

顔のうぶ毛は自己処理?脱毛と比べるメリット・デメリット