顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

乾燥肌でも脱毛できるの?


乾燥肌

肌に刺激を与えるイメージのある脱毛。 乾燥肌の方にとっては、「私が顔の脱毛をしても大丈夫かな?」と心配もあるでしょう。

また、顔の脱毛をすると乾燥肌になる、という話を聞いた方もいるかもしれません。

ここでは乾燥肌と顔脱毛の関係についてお話します。

 

乾燥肌で脱毛しても大丈夫?

乾燥肌で脱毛はよくないと言われますが、それは肌が乾燥していると肌トラブルを引き起こしやすいからです。

よって『乾燥肌だからこそ毛の処理はプロに任せた方が良い』と言えます。

乾燥した肌の自己処理をしているとカミソリ負けを起こしたり、炎症やボツボツが気になったりしますが、 それは肌を傷めている証拠です。

そのまま自己処理を続けたり、肌のケアを行わなかったりと 気になっていてもそのまま続けることで、肌状態を悪化させてしまうことがあるのです。

プロの施術では、必ず最初に肌状態を確認します。 そのうえで施術可能かどうかを判断しますし、肌状態によって出力も変えるので 肌への負担を最小限に抑えることが出来るのです。

また、肌ケアを怠ることで、しわやシミなどの原因になりますが、 しっかりケアをしながら脱毛すると、肌に潤いを与えて美肌や美白効果が期待できます。

上記のことから、乾燥肌が気になっている人ほどサロンやクリニックでの脱毛の方がおすすめなのです。

 

顔脱毛するとさらに乾燥肌になる?

「顔脱毛をすると乾燥肌になる」という話を聞いたことがあるかもしれません。

乾燥肌の人は、余計に乾燥してしまう・・・と不安に思うかもしれませんが、 顔はもともと皮脂分泌が活発な部位なので、そこまで心配することはありません。

そもそも乾燥肌になるかどうかは「皮脂膜」が重要なポイントになります。

皮脂というと、皮膚がテカテカにしたり、ニキビの原因になってしまうような 悪いイメージがあるかもしれませんが、汗と混ざって自然のバリアを作ります。

これが「皮脂膜」で、潤いやハリ、柔らかさを出すなどの美肌効果、菌や紫外線など外敵から守る、気温差からガードするなど、さまざまな働きがあります。

しかし、注意しなければならないのが、クレンジングや剃毛などで皮脂を取りすぎてしまい乾燥肌になってしまうのです。

乾燥を感じるのがクレンジングの後。 オイルタイプを使ってもカサつく人は、自己処理やダブルクレンジングが原因かも・・・

仮に顔脱毛で肌が乾燥しがちになったとしても、アフターケアをしっかりすれば、 皮脂膜をしっかり補うことができるので、意識してスキンケアを行ってください。

 

乾燥肌にならないために気をつけるべきこと

先ほど皮脂膜の話をしましたが、年齢と共に不足する人もいれば、 年齢に関係なくもともと皮脂膜が少ない人もいます。

いずれにせよ、肌が乾燥すると肌トラブルを起こしやすくなったり、ニキビやニキビ跡ができてしまったり、 顔脱毛で痛みが強くなってしまったり、時には脱毛が出来なかったり・・

いろいろなデメリットがあるので、自分で意識した乾燥肌対策が大切です!

『乾燥するタイミングは必ずケアすること』

1.入浴

洗顔後 風呂上りや洗顔後は早めにスキンケアをしてください。 水分はどんどん外に逃げてしまうので、保湿は5分以内に。

乾燥が気になるならぬるま湯を使い、頬などの肌状態を見て 化粧水だけでなく、乳液・美容液・クリームを使ってお手入れしてください。

オールインワンでお手入れしている人は、物足りなければ 保湿効果の高いものでカバーしましょう。

2.日焼け

脱毛中だけではなく、いつでも気をつけたいのが日焼けです。

紫外線は乾燥の原因になるだけでなく、シミの原因にもなるので オールシーズン日焼け止めを習慣にしましょう。

特にもともと乾燥肌の人は皮脂膜のバリア機能も弱く、 紫外線から肌を守れないので日焼けしやすくなっています。

そのため、紫外線対策をしっかり行ってください。

 

まとめ

顔の毛が気になっていても乾燥肌だから脱毛できない、のではなく、乾燥肌だからこそ、プロによる顔脱毛をした方が良いです。

しっかり肌ケアをすることで、肌状態をこれまで以上に良く保つことができます。

肌トラブルが心配な方も、今トラブルがある方も、 脱毛をきっかけに乾燥改善・美肌対策を心がけましょう!

顔脱毛おすすめランキングへ