顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

事前にこれだけはおさえておきたい!顔脱毛の注意点


カウンセリングスタッフ

顔脱毛をすると決めたら、クリニックや脱毛サロンにアポを取って、まずはカウンセリングに行くこととなります。 この時、頭の中でなにもイメージせずに行くと、脱毛施術に満足できなくなることがあります。

以下のような、事前に確認しておくべきポイントをおさえて、自分が通うことをイメージしながら、納得のいくカウンセリングを受けましょう。


 

カウンセリングでの確認ポイント

カウンセリングで基本的な説明としてでてくるはずですが、明確でなかった場合は自分から確認する必要があります。 カウンセリングに行く前に頭に入れておきましょう。

・脱毛箇所と料金

顔脱毛の場合、自分の希望する部分がメニューに無いこともあります。 その場合、それでも対応してもらえるか、また料金はどうなるかについて、事前に確認しておきましょう。

・キャンセルの場合について

キャンセルは何日前まで可能か、当日キャンセルはどのような扱いになるのか、確認しておきましょう。 生理など推測しきれないキャンセルもありえます。

・事前処理について

自己処理するのか、自分でできない部位はどうすれば良いのか、してもらえる場合は無料なのか、確認しておきましょう。

カウンセリングルーム

 

事前処理ってどうするの?

カウンセリングで「事前に自己処理してきてください」と言われた場合、自分で処理してくることがお約束となります。 忘れてしまった場合、サロンやクリニックでしてもらえることもありますが、その分時間がかかり施術する側にも手間がかかってしまいます。 顔脱毛の施術の前の日までに忘れないように済ませておきましょう。

事前処理の手段は、電気シェーバーが一番望ましいです。 顔の細かい部分まで処理できる顔用シェーバーがおすすめです。

なぜ電気シェーバーが良いの?

電気シェーバーは刃ががカバーされている構造になっており、刃が肌に直に触れること無く毛をカットできるからです。 肌に触れることがないので、カミソリで懸念される「角質も削ぎ落とす」「刃で怪我をする」というトラブルがないのです。

カミソリで処理すると肌の潤いを保護している角質を削ぎ落とすため、肌が乾燥しやすくなってしまいます。 また、カミソリを石鹸の泡ですべらせて使用している人も多いですが、これも肌の潤いを取り除いてしまう原因となります。

乾燥は脱毛の効果を弱めてしまいます。 サロンやクリニックでカミソリを勧められるのはそのためです。

とはいえ、カミソリは最もメジャーなムダ毛処理手段であり、毛抜きよりも肌を傷つけません。電気シェーバーがなければカミソリを使用してもOKです。

 

事前処理で使ってはいけないのは?

・毛抜き

「毛抜き」および「毛を抜くこと」はNGです。

なぜ抜いてはいけないの?

毛を抜くと、一見毛穴から毛を抹消したように見えますが、 実は毛を再生させる部分は残っているので、またそこから毛が生えてきます。

脱毛施術の前の日に毛を抜いてしまうと、脱毛当日は毛がないので照射することができないのに、後になって毛が生えてきてしまいます。 脱毛のレーザーや光は、照射されると「黒い」メラニン色素に反応するので、黒い毛の存在は残しておく必要があるのです。

・除毛剤

除毛剤には非常に強い成分が含まれています。 毛を溶かすアルカリ性の成分で、タンパク質である毛を溶かすものです。 でも実はこの成分は、皮膚をも溶かすことのできる成分なのです。 その結果、化粧水やプールなど刺激のある成分が含まれるものと触れるとヒリヒリしたり、わかりやすい症状はなくても弱ってる状態になります。


 

まとめ

脱毛を受けに行く前に気をつけたいのが、カウンセリングと事前処理。顔脱毛する前の準備となり、事前に気をつけておかないと脱毛した結果も変わってきます。

カウンセリングでは脱毛をする上で知っておくべきポイントを遠慮無く聞きましょう。

事前処理では、毛抜きは絶対NGなので注意しましょう。

顔脱毛おすすめランキングへ

 

この記事を読んだ人にはこちらも記事のおすすめ

顔脱毛を受ける前後は化粧できる?それともすっぴんの方が良い?

日焼け大敵!顔脱毛中は絶対焼けない理由

顔脱毛はできない部位もある