顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

顔脱毛は自宅でもできる!その方法と知っておきたい注意点


顔脱毛を自宅でする女性

自宅での顔の産毛処理、これまでカミソリでやってきたけど毎日生えてくる毛を処理し続けることに疲れてしまった。。

そんな方にオススメなのはサロンやクリニックでの顔脱毛ですが、お金や時間がないなど理由があってプロの脱毛に通えない、という方もいらっしゃるでしょう。
ここでは自宅でできる顔脱毛方法をお伝えします。

毛を抜くことはシンプルなようで実は肌や毛穴を傷つける可能性もあるデリケートな行為です。
それぞれの方法の特徴と注意点をよく把握して、あなたに合った方法を見つけましょう。


顔脱毛を自宅でする方法!あなたに合った方法はどれ?

①ワックスシート
ワックスシート

◎ドラッグストアで簡単に買える

◎脱毛後はお肌スベスベに


ワックスシートとは、ワックスが塗られたシートのことです。
このシートを毛の流れに沿って肌に直接貼り、数秒肌にならした後、一気にシートを剥がすという方法で毛を抜きます。

ワックスに絡んだ毛をワックスの粘着力によって引き抜くという方法なので肌には刺激的ですが、体用と顔用のものがあり、顔用であれば敏感肌でも使用できるようになっています。
処理後は、長いと1ヵ月ほど生えてきません。

上手に使うポイント

ワックスシートでうまく脱毛するには以下のポイントをおさえましょう。

・毛の流れに沿って塗ったワックスを、毛の流れと逆方向に一瞬でひき剥がす。

・シートはピンと張って貼る。シートを剥がす時の皮膚もピンと張る。


ワックスシートには油性のものと水性のものがあります。
油性ワックスは効果が強力ですが、その分肌に負担をかけやすいです。
脱毛後の肌に付着したワックスを落とすにはクレンジング剤が必要です。

ちなみに、最近はシュガーワックスという手作りのワックスシートが自宅で作れるようになり、お金をかけずに安心してワックス脱毛が出来るようになりました。
ただし、手作りシュガーワックスは1cm程度長さのある毛に有効なので、顔より体の毛のほうが向いています。

 


②家庭用脱毛器
家庭用脱毛器

◎プロの脱毛に近い

◎いつでも脱毛施術可能


家庭用脱毛器は、自宅で脱毛できる脱毛器具です。フラッシュタイプやレーザータイプがありますが、一般で使われるものなのでサロンやクリニックほど熱の出力度は高くありません。
照射方法はレーザー式とフラッシュ式とサーミコン式の3種類あり、使いきりタイプとカートリッジタイプがあります。
サロンやクリニックで受けるのと同じように、毛の周期に沿って定期的に照射していくと脱毛効果がみられます。


・レーザー式

照射することで黒い色素に反応して毛の組織を破壊します。
熱の高さは家庭で使用できるレベルの出力度ですが、家庭用脱毛器の中で最も脱毛効果があります。
痛みは多少あります。


・フラッシュ式

レーザー脱毛とは異なった光(御店すパルスライト)を照射することで黒い色素に反応して毛の組織を破壊します。
熱が毛の組織にのみ伝わるので、痛みは感じにくいです。


・サーミコン式

サーミコンという熱で毛をカットする方法です。
ですので役割は脱毛というより除毛です。

ココに注意!

家庭用脱毛器でもっとも注意すべきなのが、ヤケドです。
照射の際には付属の取扱説明書をきちんと読み、正しく使用しましょう。
照射後のケアについてもすべて自分次第です。脱毛では肌がダメージを受けるので、しっかりと保湿するようにしましょう。

 


③毛抜き
毛抜き

◎ドラッグストアで簡単に変える

◎脱毛としてはもっとも手軽


毛抜きはもっともシンプルで手軽な方法です。
簡単に毛の元から抜けるので、とりあえずこの方法で済ませている人も多いでしょう。
細かい部分の毛や目立つ毛を一本だけ抜きたい、というときにも使用しやすく、コストもかかりません。

ココに注意!
毛を抜いたからといって、そこからもう毛は生えないというわけではなく、毛の種は残っているのでまた新しい毛が生えてきます。
その新しい毛が生えるとき、毛抜き使用時のダメージにより、うまく生えてこれず埋没毛になってしまう可能性があります。
また、毛抜きを使うと毛穴に負担をかけて毛を抜くこととなるので、そこから雑菌が入りやすく毛嚢炎など肌トラブルを引き起こしかねません。
さらに、毛を抜くときに皮膚が引っ張られるので、シワやたるみの原因ともなってしまいます。

この方法は顔にNG

・脱毛クリーム

使用すると毛が抜けるのではなく毛の表面が溶かされた状態になります。なので役割としては除毛クリームと同じで、毛がカットされてような状態です。
ただし、カミソリと比べると毛の先端が奥まった状態になるので、次に生えてくるまでの期間は長いです。
また、カットの表面は毛がとかされたことによりなだらかなので、チクチクしません。


しかし脱毛クリームで顔を脱毛するのは避けましょう。
脱毛クリームで毛が抜けるしくみは、脱毛クリームに含まれるアルカリ性の成分が毛のたんぱく質を溶かすというものです。
たんぱく質というのは皮膚にも含まれているので、デリケートな顔に脱毛クリームを使用するとかぶれたりヒリヒリと感じてしまう恐れがあります。


 


この記事を読んだ人にはこんな記事もオススメ

顔脱毛施術後の不安を解決!正しいスキンケア方法

ニキビあっても脱毛できる?ニキビ肌から美肌への道

顔のうぶ毛は自己処理?脱毛と比べるメリット・デメリット