顔脱毛はキレイな女子の新常識|顔脱毛DX

光脱毛で顔脱毛する前に知っておきたいこと


最新の脱毛施術法として取り入れられている光脱毛。

そんな光脱毛を受けてみたいけれど、「顔」は普段から特に気を使っているデリケートな部分だからこそ、肌ダメージや肌トラブルについてなど心配なことも多いものですよね。

しかも、いまは光脱毛と一言で言っても、ハイパースキン脱毛や顔コラーゲン脱毛など、いろんな種類を耳にすることが多いので、余計にわかりづらく、さらに不安になってしまう方も多いです。

ここでは、光脱毛で顔脱毛する場合どのような施術方法になるのか、肌ダメージや効果は基本的にどのくらいなのか、についてご紹介します。

施術室

 

光脱毛で顔脱毛する場合どんな施術方法があるの?

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、光を照射して脱毛する方法です。エステやサロンで扱われており、光の出力に制限があるため、肌への反応が穏やかです。

この光脱毛は、使用する脱毛機やジェルの種類によって、さらに脱毛方法の呼び方が異なります。

以下の2種類が代表的な光脱毛となります。

・IPL脱毛

インテルス・パルス・ライトの略称。 毛根のメラニン色素(黒い色)に強い光を照射させて毛を生えにくくする方法。 光のエネルギーがそのまま毛根に働きかけるので、効果が出やすい。 ただし、毛の色素に反応するという性質上、薄い色の毛への効果は出にくい。


・SSC脱毛

スムーススキンコントロールメソッドの略称。 毛穴に抑毛成分を入れることで毛を生えにくくする方法。 抑毛成分は、照射の際に塗布するジェルに含まれており、光をあてたときにジェルから溶け出して 毛穴に入るしくみとなっている。毛の色素に関係せず働きかけるので、薄い色の毛にも効果的。

 

また、以下の方法は、上記と同じ光を当てるという施術法ですが、ちょっと違った方法です。

・ハイパースキン法

毛穴から毛が抜けたあとの発毛期状態で、毛穴の「毛の種」(発毛因子)に光を照射する方法。 使用される光は、上記の2種類とは異なった、特殊な光。 毛が生える前に働きかけるという考え方で、脱毛というよりは「抑毛」「減毛」となる。

 

・顔コラーゲン脱毛

通常の光脱毛にプラス、コラーゲンのジェルを使用し顔にコラーゲンを補給しながら脱毛する方法。 コラーゲンの補給については、光自体にコラーゲンを作り出す効果をもつ場合や、施術前後のスキンケアで施す場合などさまざまです。(基本的な脱毛の施術方法は「光脱毛」と同じです。)

 

光脱毛とレーザー脱毛の違いって?

光脱毛とレーザー脱毛は、どちらも毛根に強い光を照射することで毛根にダメージを与えて、毛を生えにくくするというものです。

ただ両者の大きな違いは、その光の「出力量」です。

これが違うために、脱毛効果や施術の際の痛みに差がでてきます。

また、「光の届き方」も異なり、レーザーは光を一直線に集中して照射するのに対し、光脱毛は光を分散して照射します。

レーザー脱毛の特徴

・照射する光のパワーが強い(そのため、医療機関でしか施術することができない)

・狭い範囲に集中的に照射するため脱毛効果が高い

・強力な反面、肌がダメージを受けやすい

・医療機関での施術なので高額になる(キャンペーンや割引サービスが少ない)

光脱毛の特徴

・照射する光のパワーがレーザーに比べ弱い

・広範囲に施術できるので背中など広い範囲の部位に適している

・サロンでの施術が可能なのでレーザーに比べ安価(キャンペーンや割引サービスの利用が可能)

 

光脱毛で顔脱毛したら肌にダメージはあるの?

光脱毛は、毛根の黒い部分=メラニン色素に強い光を当てて毛根を発熱させるというものです。

光が当たったときに毛根は約60度~最高80度くらいになることもあるので、照射後はすぐに冷たいジェルをあてて処置を行います。

とは言え、レーザー脱毛に比べると皮膚への刺激は少ないです。

顔の産毛は腕や足のように太く濃い毛ではないので埋没毛の心配もありません。

また、ニキビやホクロなどへの影響を心配される方もいらっしゃいますが、施術はニキビ肌や炎症のある箇所やホクロは避けて行われるので心配ありません。敏感肌など気になることがある方は、カウンセリング時に相談してみてくださいね。

ただ、どうしても「軽いやけど状態」にはなってしまうので、肌質や肌の状態によって、赤みがでたり乾燥してしまう場合もあります。ですので

・強い刺激を与えない(日光や化粧など)

・刺激の少ないジェルや化粧水でクールダウン

などのスキンケアを心がけてくださいね。通常赤みは2、3日で消えますが、もし数日たっても症状が改善しない等があれば早めにお医者さんに相談するようにしてください。

→肌ダメージの心配がないおすすめ脱毛サロンはコチラ

 

光脱毛で顔脱毛するときにかかる回数は何回?


顔の脱毛にかかる回数は、どれくらいかかるのでしょうか。

脱毛の反応には個人差があるので目安としてお話すると、顔を光脱毛する場合、3回受けて効果を感じるようになり、6回ほどで自己処理をしなくても気にならなくなる程度になっていき、自己処理から解放されるのは10回以上受けてから、と思ってください。

この回数を、顔の毛周期にあわせて2ヵ月に一回ペースで重ねていきます。(サロンによってはこれより速いペースで進められます。)


太い毛だと色素が濃いので1回で脱毛効果も高いのですが、顔の毛に生えているのは大体が産毛なので、他の脇などの部位より効果を感じるのに時間がかかります。

ただ、以前より産毛の脱毛を得意とする光脱毛機が出てきているので顔脱毛を受ける人も増えました。


光脱毛で顔脱毛したらどんな効果がある?

美肌効果

光脱毛の脱毛効果は、徐々に毛が抜けることであり、いずれツルツルの仕上がりになります。

ただし、その状態はずっと続くものではありません。毛が生えるモトを根本的になくすほどのパワーではないのです。

なので、体の毛をもう生えてこなくさせたい!という人よりも、お金はあまりかけられないけど自己処理が少しでも楽になればなぁ~と思っている人におすすめです。


ところで、光脱毛にはうれしい美肌の効果も期待できます。

まずは毛がなくなることによる美肌効果。毛がなくなると毛穴が開きにくくなり、皮脂や汚れもたまりにくくなります。そうすると毛穴の清潔さが保たれ、肌のざらざら感や肌トラブルを引き起こしにくくなるのです。

そして光脱毛の施術ならではの美肌効果。光脱毛に使われる光は低出力のレーザーを照射してシミを薄くする「リジュビネーション治療」と同じ定義のものが使われており、この光は肌の再生サイクルを活性化させてくれる効果があるといわれています。

また、光脱毛の施術の際に用いられるジェルは、保湿成分や肌を活性化させる成分などがたっぷり配合されています。


このようなことから、肌のキメが整う、毛穴が引き締まるといった効果を期待できるのです。

脱毛をしながら美肌ケアの効果が期待できるというのは光脱毛の大きなメリットです。


おすすめのサロン(光脱毛)ランキング↓

顔脱毛おすすめランキングへ

 

この記事を読んだ人にはこんな記事もオススメ

顔脱毛が及ぼす毛穴への影響は?知らなかった毛穴が開く本当の原因

ニキビあっても脱毛できる?ニキビ肌から美肌への道

顔のうぶ毛は自己処理?脱毛と比べるメリット・デメリット

顔脱毛を受ける前後は化粧できる?それともすっぴんの方が良い?

日焼け大敵!顔脱毛中は絶対焼けない理由